My Favorite Miles by Yusuke Hirado

Selim Slive Elementzのメンバーが敬愛するMiles Davisの作品から、それぞれのfavoriteをお知らせするシリーズ第2弾です。
今回はミュージカル・ディレクター 平戸祐介(Key)。前回の小川隆夫とはまた違う興味深いラインアップとなっています。
========================
■一番好きなアルバム
「1958 MILES 」
マイルス~ビルのコンビネーションはマイルスの生涯の中でも飛び抜けて美しい
コラボレーショーンだと思います。それと同時にジャケットも秀逸。
e0396929_13305762.jpg


「Collectors’ Item」
ドラッグに溺れていた初期マイルスが不安定なプレイを露呈しつつも
その怪しさが逆にJAZZ独特の緊張感に結びついてる不思議なアルバム。
e0396929_13374274.jpg


「E.S.P.」
スタジオ録音盤が極端に少ないマイルスにとって、スタジオ録音盤は非常に貴重で、
なおかつ当時の音楽監督ウェインが緻密に描いた音世界をマイルスが拡げていくさまは
本当に美しい。その極致的なアルバム。

e0396929_13382178.jpg

■一番好きな曲
Autumn Leaves (Something’ Else )
Blue In Green
Someday My Prince Will Come

■Selimで演奏してみたい曲
He Loved him Madly
One and One
========================

平戸祐介プロフィール
長崎県生まれ。
父親の所有する膨大な ジャズ・レコードを聴きながら育ち、中学生の頃からジャズピアニストとして活動を開始。
高校時代にはNYマンハッタン音楽院のサマー・ ワーク・ショップで トップ・レベル・コンボに抜擢され、最優秀賞を獲得。
高校卒業後渡米し、NYにあるニュースクール大学ジャズ科に進み、Walter Bishop Jr.に師事する。
1995年にはRichard Davis (Bs), Winard Harper (Ds)と共演、ジャパン・ツアーで成功を収める。大学卒業後に帰国、上京し、quasimodeを結成。国内外屈指のアーティスト群と共演を果たす。
2012年に自身初となるソロ作品 「Speak Own Words」をリリース。 個人活動を充実させるべく2015年2月をもってquasimodeが活動を休止、2015年にはピアノソロアルバムの決定盤2ndアルバム 「Voyage」をリリース。
2017年ソロプロジェクト「Yusuke Hirado Prospect」始動。
8月には、Yusuke Hirado Prospect 待望の第一弾「Heritage」をリリース。

by selimsliveelement | 2018-04-05 13:27 | NEWS | Comments(0)
Selim Slive Elementz セリム・スライヴ・エレメンツ

マイルス・デイヴィスと交流のあった音楽ジャーナリスト 小川隆夫が、quasimodeのリーダー 平戸祐介と手を組み、マイルス・ミュージックの遺伝子を受け継いだ精鋭プレイヤーたちと結成したスーパー・ジャム・バンド。